犬・猫の予防について

  1. ホーム
  2. 犬・猫の予防について

愛犬とともに健康に暮らすために

子犬には早い時期でのワクチン接種が必要です。

母親からもらった免疫(母子免疫)力が弱くなる生後2~3ヶ月頃から、子犬が様々な伝染病にかかる危険性が高まります。


ワクチン接種は毎年忘れずに受けましょう!

ワクチンを受けるワンちゃんの数はまだまだ多いとは言えず、伝染病の危険はどこにも有ります。
愛犬を伝染病から守るためにも年1回のワクチン接種をお奨めします。


フィラリア症の予防は必ず受けましょう。

フィラリアは蚊によって伝染する恐ろしい病気です。毎年蚊が出てくる時期に予防薬を飲ませましょう。
お薬を飲ませる前に、必ず検査を受けてください。

photo:犬の予防

伝染病について

犬のジステンパー

高熱、目ヤニ、鼻水、食欲不振、嘔吐や下痢。病気が進むと神経系がおかされマヒなどの後遺症が残る場合があります。


犬パルボウイルス感染症

激しい嘔吐、下痢、食欲不振、急激な衰弱。重症になると脱水症状が進み、短時間で死亡することもあります。
伝染性の強い病気です。


犬伝染性肝炎

発熱、腹痛、嘔吐、下痢、目が白く濁る。生後1年未満の子犬が感染すると、全く症状を示すことなく、突然死することがあります。


犬アデノウイルス2型感染症

発熱、食欲不振、クシャミ、鼻水、短く乾いた咳がみられ、肺炎を起こすこともあります。
他のウイルスとの混合感染により症状が重くなり、死亡率が高くなる呼吸器病です。


犬パラインフルエンザウイルス感染症

カゼ症状がみられ、混合感染や2次感染が起こると重症になり死亡することもあります。伝染病が非常に強い病気です。


犬コロナウイルス感染症

成犬の場合は軽度の胃腸炎ですむことが多いのですが、子犬の場合は、嘔吐と重度の水溶性下痢を引き起こします。


犬レプトスピラ感染症

2種類のタイプがあります。イクテロヘモラジー型は、発熱、黄疸、歯肉からの出血など。
カニコーラ型は発熱、筋肉痛、脱水症状などが現れ、尿毒症になり2~3日以内に死亡することがあります。人間にも共通の伝染病です。

狂犬病について

狂犬病とは

狂犬病は、すべての温血動物が感染および発病する伝染病です。
主に狂犬病ウィルスが感染した動物に咬まれることによってうつり、ひとたび発症すればほぼ100%死亡する恐ろしい伝染病です。


狂犬病の予防について

わが国では、狂犬病予防法に基づき、犬やその他の動物に検疫を義務付けて、狂犬病の侵入防止を図っています。
さらに、万が一侵入してきてもその伝播を防ぐために、飼い犬には登録と年一回の予防接種が義務付けられています。

ワクチン接種しましょう!

ワクチンは、様々な恐ろしい病気から体を守るために接種します。
定期的な予防接種を受けさせてあげてください。
※ワクチンは伝染病予防のためのものですが、100%病気を予防できるものではありません。


接種する時期

生後3ヶ月齢で最初のワクチンを打ちその後1ヶ月目で2回目のワクチンを接種しましょう。
最後のワクチンが終わってからは、1年に1回、追加接種してあげてください。


注意

ワクチン接種後、免疫力がつくのに若干の日数を要します。それまではストレスを与えたり、他の猫との接触は避けてください。
ワクチン接種後、ごく稀に一過性の副作用がでることがあります。

photo:猫の予防

伝染病について

猫の主要3種ウイルス感染症

猫カリシウイルス感染症

この病気にかかる猫は非常に多く、カゼによく似たクシャミ、鼻水、軽度の発熱などの症状を起こします。
口腔内に潰瘍、水疱ができるのが特徴で、稀に急性結膜炎、鼻炎、一過性の発熱がみられる他、関節と筋肉の痛みから跛行(うまく歩けない)になることもあります。
また子猫の場合は他の病気との合併症により症状が悪化し、死亡することもあります。キャリアー(ウイルスを体内に持っている猫)から感染します。


猫ウイルス性鼻気管炎

カゼによく似たクシャミ、鼻水、軽度の発熱などの症状の他、角膜炎や結膜炎がみられ、重症になると死亡することもあります。
キャリアーからの感染の他、空気中の微粒子、食器、寝具などからも感染します。


猫白血病ウィルス感染症

子猫や若い猫が突然、元気がなく、熱が出たり、リンパ腺が腫れたり、下痢をしたり、鼻水をたらしたりすれば、要注意です。
最初に感染して1ヶ月前後で発症する急性期、その1、2年後に現れ始める慢性期、それぞれの症状に対応した治療法を行っていくことが大切です。
急性期なら、猫用インターフェロンを投与して、自然治癒を目指していくことが治療法となります。


猫汎白血球減少症

子猫では食欲・元気消失、発熱、嘔吐、下痢などの症状がみられることもある死亡率の高い病気です。
妊娠中の母親が感染すると流産、異常産を起こすこともあります。経過が速く、治療が困難なため、ワクチンによる予防が有効です。

PAGE TOP