犬・猫などペットに関する事は川崎駅近くの山田動物病院へ

お電話でのお問い合わせ 044-541-0106
猫

猫の予防

ワクチン接種しましょう!

ワクチンは、様々な恐ろしい病気から体を守るために接種します。
定期的な予防接種を受けさせてあげてください。
※ワクチンは伝染病予防のためのものですが、100%病気を予防できるものではありません。


接種する時期

生後3ヶ月齢で最初のワクチンを打ちその後1ヶ月目で2回目のワクチンを接種しましょう。
最後のワクチンが終わってからは、1年に1回、追加接種してあげてください。


注意

ワクチン接種後、免疫力がつくのに若干の日数を要します。それまではストレスを与えたり、他の猫との接触は避けてください。
ワクチン接種後、ごく稀に一過性の副作用がでることがあります。

猫

伝染病について

猫の主要3種ウイルス感染症

猫カリシウイルス感染症

この病気にかかる猫は非常に多く、カゼによく似たクシャミ、鼻水、軽度の発熱などの症状を起こします。
口腔内に潰瘍、水疱ができるのが特徴で、稀に急性結膜炎、鼻炎、一過性の発熱がみられる他、関節と筋肉の痛みから跛行(うまく歩けない)になることもあります。
また子猫の場合は他の病気との合併症により症状が悪化し、死亡することもあります。キャリアー(ウイルスを体内に持っている猫)から感染します。


猫ウイルス性鼻気管炎

カゼによく似たクシャミ、鼻水、軽度の発熱などの症状の他、角膜炎や結膜炎がみられ、重症になると死亡することもあります。
キャリアーからの感染の他、空気中の微粒子、食器、寝具などからも感染します。


猫白血病ウィルス感染症

子猫や若い猫が突然、元気がなく、熱が出たり、リンパ腺が腫れたり、下痢をしたり、鼻水をたらしたりすれば、要注意です。
最初に感染して1ヶ月前後で発症する急性期、その1、2年後に現れ始める慢性期、それぞれの症状に対応した治療法を行っていくことが大切です。
急性期なら、猫用インターフェロンを投与して、自然治癒を目指していくことが治療法となります。


猫汎白血球減少症

子猫では食欲・元気消失、発熱、嘔吐、下痢などの症状がみられることもある死亡率の高い病気です。
妊娠中の母親が感染すると流産、異常産を起こすこともあります。経過が速く、治療が困難なため、ワクチンによる予防が有効です。

PAGE TOP